オフィスでアロマは、柑橘系が無難っぽい。

たまに、オフィスで精油を焚きます。
社長に許可をもらっています。

よく使うのは、こちら。

・ラベンダー、ゼラニウム(気分を落ち着かせたい時や生理の時)
・ユーカリ、ティートリー(風邪気味だったり空気が淀んでいる気がする時)
・グレープフルーツ、レモン(シャキッとしたい時)

完全に私の気分でブレンドして、しかも毎日ではなくて週1ぐらいでやっています。
誰かが怒られて社内の雰囲気が悪い時とか、ちょっと疲れていてしんどい時、眠たい時など、何かあった時に使うことが多いです。

今日は、考えすぎをやめたい、気持ちを深く落ち着かせたいと思って、珍しくパチュリをラベンダーとゼラニウムにブレンドしてみました。すると…なんか違和感。(誰も何も言わなかったけど)
香り自体は、深みが出ていい感じだと思うのですが、ちょっと香りがエキゾチックで重たさもあるので、オフィスという場の雰囲気には合わない感じがしたんです。あとパチュリは1滴で結構香るので、ブレンドの滴数も難しい。
ということで、オフィスにはパチュリは向かないとわかりました。反省。(ブレンドによってはありなのかもですが)

柑橘系だと嫌いな人があんまりいないことと、記憶力を高めたり、リフレッシュできるので、仕事中のアロマとしては最適な気がします。インフルエンザの季節や風邪が流行っているとユーカリなどは重宝しますし、爽やか系が無難ですね。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。