安い類似品に、懲りる。エルゴの抱っこ紐のカバーはやっぱりルカコに落ち着いたのである。

以前も書いている通り、我が家は坂の上の家。(というかマンション)
日々の保育園の送り迎えは、抱っこ紐一択。ちょっと遠出したり、休日にだけベビーカーは使う。
その抱っこ紐は、長男の時にエルゴの抱っこ紐を先輩ママからプレゼントされ、娘が2歳になる頃までヘビーユーズしたら、所々破けたりしてこんなになるまで頑張ってくれてありがとう、と育児グッズで一番元を取ったなと感慨深く、2年前に潔くさよならした。
ところが、次男が生まれることとなり、どうしようかと悩むことに。6年前とは違い、他のブランドも色々あっておしゃれなモノが多いと知る。長男の時に使用していた新生児から使えるベビービヨルンは、友人Aへ貸し出し戻ってきたが、さらに友人Bへ貸し出し中。そもそもベビービヨルンだと、腰での支えがないので、成長するに従い肩に食い込み、送り迎えで使うと肩を酷使しすぎることになる。なんと言っても新生児の頃は体重が軽いので、スリングで十分。問題は、生後半年ぐらいの体重が重くなり、スリングでもベビービヨルンでも肩がもげそうになった時。
ということで、またエルゴを購入。
本当はおしゃれな他のブランドがよかったけれど使い慣れているし、検討するのが面倒という理由。3人目ともなると、ちょっとした買い物に一人で行くことがなかなかできないのである。
メッシュ、前向き抱っこはなし。主な用途は、保育園の送り迎え。
いろんな用途ができるということが、必ずしもメリットにならないと感じているこの頃。OMUNI360という前向き抱っこ、腰抱きもできるというものもあったが、いらんな、と。
本当は、昔ながらのおんぶ紐、ただの布切れを駆使することに憧れているけれど、夫も使用するので、夫はそんな紐に興味がないので、今の時代の技術が詰まったエルゴに。高級品である。こんなモノが買えるだなんて贅沢だとも思う。ありがたい。

さて、エルゴを使用している人はご存知だろうが、エルゴの抱っこ紐は嵩張る。しっかりした作りで丈夫なのだが、なんとも分厚いというか紐がたくさんで形も立体的で、使ってない時の持ち運びや腰にぶら下げたままだと、本当に邪魔。見栄えもよろしくない。
そこで必須になるのが、抱っこ紐カバー。

なぜか、抱っこ紐カバーに3千円も出すのが惜しくなり、(こういうところが貧乏性。投資なので、ケチる必要ない上にせいぜい千円〜2千円安いぐらい)人気のルカコじゃない類似品を購入してしまった。これが普通に失敗で、生地は薄いし色はイケてないし留め具も緩く、ファスナーはちゃちく、結局ゴムがすぐに切れて使用しづらくなった。というわけで、ルカコを買いなおした。

失敗したなぁとがっかりしていてふと、以前、リクルートの媒体を似せた、だけどリクルートよりも安かろう悪かろうの媒体を売っていたことを思い出した。どうしても良いと思えないものをお勧めできないタチだったため、一通り説明はするが、特にプッシュせず、効果がさもあるかのように伝えることもせず、出来るだけ自分が良いと思う違う商品を売ろうとしていたなぁ。
真似をすることが悪いことだとは全然思っていないけれど、ただ儲けたいだけで、お客様のために、とは口だけでちっとも思ってもいないことが透けて見えるようなものの手伝いが嫌で、辞めた。

なのに、まだ、そういう類似品、しかもちょっと安くてイマイチなものを選んでしまったので、とにかく反省しきり。サスティナブルでエコな生活を目指しているのに、なんという様。
(ミニマリストもその次に目指している、次てなんやねんだけれども)

ネットで買う時は、知っているもの、信頼できるものを買わないといけないと、肝に命じ、特に衝動買いしがちな服は、ネットで買わないという自分が定めた掟をブツブツと唱えている。

抱っこ紐収納カバー ルカコ【Lサイズ】lucacoh 抱っこひも エルゴ エルゴアダプト対応エルゴオリジナル マリメッコ風 抱っこ紐 出産祝い 出産準備 ベビー用品 人気 おすすめ

価格:3,381円
(2020/8/10 19:50時点)
感想(2件)

↑柄が派手すぎず甘すぎずちょうど良い塩梅。

【割引クーポン配布】エルゴ ベビー アダプト クール エア メッシュ抱っこ紐 ERGO BABY 3ポジション ベビーキャリア ergo baby ADAPT COOL AIRMESH 抱っこひも おんぶひも だっこ紐 おんぶ紐 新ロゴ ギフト おしゃれ

価格:16,790円
(2020/8/10 19:53時点)
感想(92件)

↑一人目だったら確実にOMUNI360にしていたと思うけれど、アダプトで十分。
(身に付けるものの色数が増えるのが嫌でブラックにしたけれど、涼しそうなブルー系でも良かったなと、一人目の時も後から思った。それでもまたブラック。保守的な私)
つける時はおんぶが7割。リュックのようでおんぶが楽。家事もしやすい。でも外ではほとんどの人が抱っこ。おんぶ派は少数派。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。