山にある柿、シンプルなしらす丼、そんな日々。

義母から柿をいただいた。ご実家の柿らしい。

正直、こういう売ってない自然の恵みみたいなものが、大好き。ありがたくてたまらない。食べてみると、甘みは少なめだった。それもご愛嬌。売り物にはきっとならないんだろうけれど。

今日は仕事に疲れ、何が食べたいかなぁと思い巡らせ、つくるのは大変なのでしらすと大葉を購入して帰る。白米にのせる。それだけ。でも、とっても美味しくて、これで十分だなぁと感じる。

エビとかイカも見つけたりして楽しむ。

こんな小さな稚魚たちを食べることに少し罪悪感があるので、たまにしか食べないご褒美ご飯でもある。こうやって、のんびりゆるく暮らしている。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。