成長と、老い。

先日の神戸新聞にて。

喪中は、メールではなく葉書でいただくのが、しっくりくるというようなお話。

ほんとに、そう。

メール、LINE、とっても便利であるけれど、便利というのは、人間らしさを失うことでもある。そのうち便利なAIに乗っ取られるだなんて、映画だけの話じゃなくなりそう。

心が通う、心を込める、紙にしたためる手書きの文字。行間から、筆圧から、文字の大きさから、インクのにじみから、色んなことが感じられる。

相手を想う時間を、丁寧にカタチにする。

悲しいお知らせは、お手紙で。

幸せな報告は、ツールは何でもいい。

しみじみそう思った。

そして、そのうちくる親、友人の死、もしかしたら、先に自分の死かもしれない。そのとき、その前に、お互いの気持ちの整理がつくよう、近くにいることを、選びたい。

育児という希望の塊の側にいれること、感謝している。いつも退屈していたけれど、子どもたちがいると、退屈とは無縁。毎日、子どもたちが眩しくてしょうがない。

そんな成長がいつしか、老いに変わる。

ただ、老いるのも、時間がいる。

まだ、もう少し、わたしも、成長したい。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。