最近の我が家のこと。

日々仕事に追われて、何のためにこんなに働いているのかとふと疑問に思う。

長男(間もなく6歳)は、長く働くと、お金がその分もらえると思っており、「そんなにお金をもらわなくていいよ」と言う。たしかに、私は今会社勤めで、時給で働いているも同然、しかもその時給は大学生のアルバイトぐらいなものなのである。なんか、バカらしい。長く働いてもゆうほどお金はもらえていないのだ。

会社員は福利厚生があるから、と人質をとられたかのように身動き取れなくするこのワード、嫌い。

恵まれていることも分かっている。

でも、自分の時間をもう少し生きてもいいのではと、家でも持ち帰った仕事をしながら思う。

12月末まで、駆け抜けるけれど、その後は仕事をもらえるもらえないも自分次第、お金を稼ぐ稼がないも自分の責任で、やっていこうと思う。

身の丈に合った暮らしなら、どうにかなるであろう。

さて、長男は来週で6歳。お誕生日プレゼントはスケボーが欲しいと言ったので、買ってあげたものの全くやらない。なんなら泳げないのに市民プールの方に行きたがる。スケボーも、スクールみたいなところで練習するとハマるのだと思うが、なんせ連れていく時間がない。来年になったら、時間を作ってあげたい。

彼はこのごろ流行りに乗っかって鬼滅の刃をみている。なんかグロイから見て欲しくないけれど、園でも話題のようなので、早かれ遅かれだと思い、静観している。

長女4歳は、マイペースに、赤ちゃんになってみたりお姉さんになってみたりしている。泣き喚いたかと思うと、お片付けするねなどと言いお手伝いしてみたり、モデルさんの真似をしてみたり。絵を描いたり平仮名を書いて、なんでも上手にできる、と自信たっぷり。どこででも楽しくやっていけそうだなと勝手に安心する。とにかくわがままで、わがままを言えると言うことが素晴らしい。嫌われるかな、なんて一つも思っていない。あっぱれ。ちなみに彼女は怖くて鬼滅の刃は見れない。でも、ネヅコの真似してタオルを巻いた物を咥えていたりする。

先日購入したワンピがかわいい。

長男はそろそろ一歳2ヶ月。まだ歩かない。完全にバランスも取れているし脚力もあるが、慎重派な気配。10ヶ月で歩き出したわたしが特に運動神経が良いわけでもないので、気にすまい、とハイハイするのを眺めているのだが、本当は早く歩いて欲しい。なぜなら、公園に上2人を連れて行くときに、彼はハイハイなので、ベビーカーもしくは抱っこ紐で縛っておかないといけない。さもなければ、ハイハイで服も手もドロドロ、その手を口に入れるのである。早く、歩いておくれ。

ちなみに、離乳食は毎回グッシャグシャ、掃除が恐ろしく大変な時期。自分でやりたがるが、やった後はそれはもう、悲惨としか言いようがない状態。仕方がない。3人目ともなると、仕方がない、としか思わない。

まぁそんなこんなで、仕事が多いとは思うが、それなりに楽しくやっている。さらにいうと、少しの苦しみは成長させてくれるチャンスだと、仕事の多さも前向きに捉えていたりもするのである。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。