大豆から豆腐を作り、おからが大量に出て、コロッケを作る。

テレビで見て長男が興味を持ったので、先日豆腐作りをしてみた。

水につけて、ぷっくりなるまで戻し、ミキサーにかける。
その後、火にかけて、濾す。

おからがたっぷり出る。

豆乳ににがりを入れて火にかけ、豆腐を作る。
ちょっとゆるい。くみ上げた状態。

そのまますぐ食べても美味しかったし、冷やして固めても美味しかった。

で、問題はおから。
炒めてみたり料理に足したりしても消費しきれず、コロッケにしてみることに。

子どもにも手伝ってもらいながらなんとか小さめのサイズで15個作る。

しかし、5人家族なのであっという間になくなった。

こんなに手間がかかるお豆腐が、100円そこらで買えるだなんて驚き。お豆腐屋さんに感謝。しかも大豆自体も手間がかかっているし安いものでもないという。
長男は、美味しくできたから御近所さんに分けようと張り切っていたが、少ししか作れず、あげることはできなかった。

たまにはお豆腐作るのもいいなと思ったので、また作りたい。
おからレシピのバリエーションを増やしてからにはなるが。

追記:コロッケという英語はない様子。フランスのcroquette(クロケット)、オランダのkroket(クロケット)が語源とのこと。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。