子どものちょっとした病気と熱と、自己について。

長男(6歳)の中耳炎

長男が浸出性中耳炎になっていたことを以前書いた。その時出された抗生剤が合わず、湿疹が出たのでまた病院へ行って抗生剤を抜いたお薬を飲むこと2週間。

改めて診てもらうと、右耳の水は引いていて、聴力も戻っていた。左耳はまだ水があり聞こえは良くなっていないけれど、薬はやめて経過をみることに。次は一ヶ月後。鼓膜に穴を開けて水を出す必要がなくなりそうで一安心。

やれやれ、といったところだが、実は一昨日から長男に蕁麻疹が出てしまい、皮膚科も受診。中耳炎の影響と考えられるとのことで、これまた飲み薬と塗り薬を処方される。はたらく細胞をみて、ステロイドはヤバいと思ってる長男は、ステロイドはやめて〜というし、なしでいけるならそうしたい。が、痒いと掻いてしまいひどくなるから、さっさと治したい。どうしたものか。(しれっと塗る私の判断はいかに。いちいち取り返しのつかないことになるような気がして、自分に使うのとは重みが違う苦しさ…)

長男は基本的に甘いお菓子は好きではなく、クッキーやチョコが苦手で食べない。ケーキは食べるが、ケーキが食卓にのぼる頻度なんて知れてる。砂糖の摂取は人より少ないはずなのにこのアレルギー体質っぷり。めげずに、あまり変なものは食べさせまい、と思う。本人も、せっかくお菓子があんまり好きじゃないのになんでなんやろ、と大人びたことを言っている。

多分、私のお腹の中にいたときの、私の生活に問題があったのだと思う。でも、もう後悔しても意味がないので、しかもごめんねなんて言って子どもに余計な気を遣わすのもなんなので、子どもには何も言っていない。そのうち、もう少し大きくなったら、自分が食べたもので子どもにまで影響がでる可能性が高いことは伝えたいと思う。

色々こだわりはじめると、途端に食費が上がるので家計的にはキツいけれど、短期的な側面だけではなく長期的な面と地球環境のことを思うと、そんなに高いものでもないから、と自分に言い聞かして食材を選ぶ。

日本人に向いている(と言われる)食事(魚、米、漬物)になるべくしてみて、体の変化を確認したい。しばらく子どもたちはパンと牛乳、肉の摂取を、控えさせる。(家では牛乳飲まなくても、園では飲まないといけない。クッキーなどのおやつもでる。家では摂取しなくていいだろう。)

次男(一歳半)が発熱

こうしてなんとか落ち着きが戻っていたが、次男が発熱したと園から連絡がきた。38.7度らしい。大変、と迎えに行くと確かに熱いし少し元気がない。やれやれとおんぶして、食材を調達して家へ帰ると、なんだか次男の熱はすっかり下がっており、ニコニコしている。ん?どういうこと?もう治った?とりあえず晩ご飯を用意すると、いつも通りすごい勢いで食べる。免疫、強すぎじゃない?と思いつつ、念のため次の日は休ませる。すると熱は上がったり下がったり。

子どもが発熱すると、大丈夫?と思うのと同時に、ああまたこれで自分の時間が減る…と悲しくなる。子どもの体調を本気で心配しきれてない自分に罪悪感も感じる。

結局扁桃腺が腫れて熱が出ていたらしく、丸一週間、保育園には行けなかった。でも、回復して良かった。

自分の子、他人の子

自分の子の相手は、お金にならない。

他人の子の相手は、お金になる。

子ども達の相手をしていると、相手をさせてもらってる、と思うこともあって、とっても有意義な反面、時間拘束に加え謎の主張や無茶な要求に疲れることもよくある。

自分の子どもじゃなくても、子どもって可愛いしかけがえのない存在だと思うんだけど、自分と他人とこうも分断されて所有物みたいになっていると、弊害が大きい気がしてきている。

〇〇家所属の□□ちゃん、というのは個を判別する上で重要かもしれないし、親が子どもの面倒を見るのは義務であり責任があるのはその通りだけど、社会全体で見た時に、1人の子供が立派に育つことって、その家だけの利益じゃない。となると、もう少し1人の子を社会で育てるような仕組みがあってもいい気がする。

親がいない子供を引き取って一緒に暮らしたいとか、留学生を受け入れたいとか、シェアハウスに住みたい、とか思う私は少数派なのか。

やりたいと思いつつ、どれをやるにもお金というハードルがあり、実現できていない。やれる方法は考え続けて、できることなら2年後ぐらいにはどれかはやっていたい。

自分は自分、と思いきや、境界線はなくて、自分が境界線はあると思っているだけかもしれない。たしかに、自分の脳が動かせる範囲は自分の肉体に限られてはいるけれど、周りに何も影響してないなんてことはあるまい。この辺突き詰めていくと自己って何かを考える旅がはじまりそう。。

アイコン写真はお気に入りのカフェメニュー。野菜多くて嬉しい。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。