言いたくてたまらない「あのこは貴族」という映画のこと。

映画を見に行くと、次に見たいなと思う映画が必ずある不思議。

先日「心の傷を癒すということ」を観て、大きく心を揺さぶられた。ストーリーもさることながら、言葉より視覚で伝える方がいいもの、視覚だからできる表現、表情が物語る奥底の心に、「映画っていいな」と陳腐な表現ではあるが、心から映画の深さを感じたのである。

そして、観終わってまだ心がざわざわしている時に、何気なく手にとったリーフレット。

なぜだかとっても興味を惹かれて、何がなんでも観てやろうという気持ちになり、スケジュールを調整して行ってきた。

映画「あのこは貴族

これが、とっても良くて。思わず人に勧めたいほど、良くて。

監督さん(岨手 由貴子さん)について調べるほど良くて。

岨手さんの2015年の作品「グッド・ストライプス」も観たい。

原作(山内マリコさん著)の本も読みたい。

門脇麦さん、石橋静さんなどの他の出演作も観たい。

いや本当に、なんだろう、それぞれの役にちゃんと命が、心が、入っている。いくつかのセリフに、グッと心打たれたし、あのシーン好きとかあの感じあるよねとか言い合いたい。演出も演技も音楽も他にも映画を創り上げるもの全部がきっと素晴らしかったのだと思う。(映画に詳しくなくてよくわからないけれど)映画ってこうでなくちゃ、と思う。

普段あんまり人に映画を勧めることはないんだけど、先日友人とあった時に勝手に口が「おすすめだよ」と言っていた。

私は、生きる希望のある話が好き。
まさに、そういう映画だったのではないだろうか。

階層については、そこら中にある線引き、壁を全て取っ払う必要もないし、無くすことはできないというのが私の見解。でも、その壁は乗り越えることのできるものであってほしい。もちろん、階層の違いで差別や虐げられる人がでてくることには反対。壁の向こうの人たちのことも、知って尊重しあう世の中であってほしい。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。