精油(エッセンシャルオイル/アロマオイル)が高価なワケ

お部屋がいい香りになったらいいな、除菌スプレーや石鹸を作るのに精油(エッセンシャルオイル、アロマオイル)が欲しいな、といざ精油を購入しようと思ったら、小さい瓶なのに思ったより高い…。

そんなことありませんか。

精油って高いですよね。

精油は植物のどの部分から取れる?

精油は、植物から抽出しますが、それぞれの植物によって香りのある部分が違います。

植物全体に均一に含まれるわけではありません。

蜂に花粉を運んでもらうために、お花に芳香物質を持つもの、

虫に食べられないように葉っぱから、虫が嫌がる香りを持つもの、

実から美味しい匂いを出すものなど。

そのような植物の匂いの元である「芳香物質」は、油細胞と呼ばれる袋の中に蓄えられています。

つまり、それぞれの植物によって油細胞がある部位が違い、精油は、その油細胞のある部位から抽出しています。

精油にはどのくらいの植物が必要なの?

想像するに、たくさんの植物から少ししか取れない気がすると思いますが、実際どんなもんなのでしょうか。

ラベンダーの油細胞がある部分は花と葉です。

産地や条件によっても異なりますが、ラベンダーは精油10gを抽出するのに、1〜2kgの花・葉が必要と言われています。1/100ですね。

ローズの場合は、10gのローズ精油を抽出するのに、お花が30〜50kgも必要です。なんと1/3000です。

ローズの精油が高価な理由がわかりますね。

地球環境の悪化により数の減ってしまった植物もあり、精油は安価では作られないものとなっています。

どうやって精油は抽出されているの?

精油は、植物の種類や部位によって、抽出法が異なります。

どの方法もそれなりに手間がかかります。

最も歴史が古く、一般的な抽出方法

●水蒸気蒸留法

植物を蒸留機の中に入れ蒸気を通し、芳香成分を気体にさせた後、冷却管で冷やし気体から液体に戻して抽出する方法。

今から1,000年ほど前からこの方法で精油が取り出されていたとされています。

薬品を使わないので安全です。

柑橘類で多い抽出方法

●圧搾法

圧力をかけて絞る方法。低温で行ったものが良質とされている。

柑橘類は水蒸気蒸留法でも抽出可能だが、圧搾法の方がよりフレッシュな香りです。

牛脂や豚脂、オリーブ油などを使った伝統的な方法

●油脂吸着法

芳香成分を脂に吸着させ、エチルアルコールを使用して芳香成分を溶かし出す方法。熱に弱いデリケートな花びらなどで使われていた。

時間も手間もかかるので、現在ではほとんど行われていません。

デリケートなお花、樹脂の精油で用いられる

●揮発性有機溶剤抽出法

石油エーテルなどの揮発性の有機溶剤に植物を浸して抽出する方法。

溶剤が微量残留する可能性があります。

その他、液体二酸化炭素を用いた方法などもあります。

まとめ

精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)が高価な理由がわかったでしょうか。

・植物全体からではなく、部分からしか取れない

・大量の植物からちょっとしか取れない

・手間のかかる抽出方法

精油5mlが100円とかはあり得ません。その場合は、精油ではなく、人工的に作られた匂いのする物質だったり、精油を他のもので薄めていたりする可能性があります。

少し高くても、品質が安心なものを選びましょう。

購入の際のCheckPoint

精油であることが明記されていること(精油・エッセンシャルオイル・Pure Essential Oil)

植物の学名・抽出部位・抽出方法が記載されていること

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。