手作り湿疹用クリームを作ったので今日から試してみる。

たまには、アロマのことも。

娘4歳の腕〜肩に湿疹ができて、痒いとのこと。牛乳や甘いものを控えさせて、マグネシウム風呂にし、オイルを塗っても1週間近く治らない。
ちょっとは良くなっていっている気配なんだけど…

ということで、購入したニームオイル。
センダン科のニームという植物の種子と実から抽出されるらしいけれど、聞いていた通り、臭い。強烈な玉ねぎ臭。
息子6歳にも「なにこの臭い!」と言われる。わかるよ、私もそう思うよ。なにこの臭いって。

使いやすくするために、クリームを作ってみることにした。
ニームオイルは少なめにブレンド。

材料を湯煎にかけて溶かして、混ぜて精油を足して、、、

出来上がり。

柔らかめのテクスチャー。

それでも、ニームオイルの臭いは残る。

使用したのは、乳化ワックス・ミツロウ・オイル(ニームオイルとスイートアーモンドオイル)・ローズの芳香蒸留水・精油(パチュリとフランキンセンス)。

パチュリの香りでニームは退けられるか、と思ったけど、そんな甘いものではなくてニーム臭は強かった。
お風呂上がりに塗る分には、問題ないレベルだと思うけれど。

このクリームで1週間様子を見て、それでも治らなければ、別の手を考えるか、ステロイドかな…。原因がわからないから、どうしたものか。

使った精油についてざっくりと。

パチュリ:
インドやマレーシア、インドネシアなどが原産の植物「ポゴステモンカブリン」というシソ科の葉から取れる精油。
オリエンタル系の深い香り。お香などにも使われる。(正露丸とか防虫剤とかにも使われるらしい)食欲を抑える香りでもある。
皮膚に良く、むくみに効果的。免疫力を高めるとも言われている。

フランキンセンス:
ソマリア、エリオピア、イラン、エジプトなどが産地の「ボスウェラカルテリ」という植物の樹脂から取れる精油。
呼吸器に対する作用が大きく、呼吸を深めてくれるので、瞑想などに使われる。傷の治りを早める効果も期待できる。
甘い感じの香り。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。