7月ということは、2021年の折り返し地点ということ。

あっという間に夏である。
まだ梅雨なので、どんよりとした日も多いのだが、確実にそして着実に日に日に暑くなっている。

夏といえば、海、川と答える私は古い人間かもしれない。昨今の猛暑で外で遊ぶのは危険だという共通認識がある上、海はベタつくという理由で若者から敬遠もされている。川遊びは遊べる川が近くにある人のみの特権のようになってきている。

それでも、私は夏は、海と川である。
海にただ浮かぶだけで、地球と一体になったかのような感覚にこの世の全てがどうでもいい気持ちになり、つまりただただリラックスできる。奥底の見えない部分にひそむ生命体や空間に怯えることも忘れない。ここから生まれたのだという海こそ母なのだというスピリチュアルめいたものにも、少々怯えながら。

川はもっとフランクだ。友達的である。木々が茂り木陰があるところもいい。ちょっと遊ばせてねという簡単な気持ちで、生き物を捕まえたり足をバチャバチャしたり。海よりも、山に近い安心感がある。

そんな感じで、夏が結構好きなのである。

今年の夏は、時間がありそうなので思いっきり遊びたい。

本当は、時間がないほど忙しくなりたいんだけど。

いよいよ、今年も折り返し地点。
2020年から続く非日常が、いつの間にか日常となっているけれど、この先どこへ収束するのか。
2021年の目標を、すっかり忘れている。確か、旅行に行くことが目標だった気がする。
とりあえず、2021年中に・高知・沖縄・伊勢神宮に行きたいと思う。

仕事も、頑張ります!

・・・・・・・・・・・・・・・・・

この頃はタコライスの頻度が高い。簡単で、野菜も入れれるし子どももよく食べるから。
市販の粉を使っているけれど、スパイスでできそうな気もするから研究したい。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。