らっきょうを漬けてみたら、食べごろが待ちきれない

まだ家のことをし始めて6年。試行錯誤しながら毎日過ごしています。

去年は初めて梅ジュースを作りました。暑い日に飲む甘酸っぱい梅ジュースは子どもも気に入り、今年も作って欲しいとリクエストがあったので、時期が来たら仕込むつもりです。

そして今年は、らっきょうを漬けてみることにしました。

実はらっきょうの独特の香りが苦手で、買って食べることはほぼないのですが、健康に良いらしく。

(血液サラサラ、免疫力アップに効果があるんだとか)

(消化を助ける、ダイエットや美容にもいいとか)

そこまで健康に対する効果を期待している訳ではないんですが、スパイスカレーをよく作るし付け合わせにいいな〜と。(今日も作って食べました)

(↑実はこの右にらっきょうが…!)

苦手とか言いつつ、自分で作るとどんどん食べられる不思議。

漬けて3日で食べ始めてOKということで、いくつか食べ始めています。

まだちょっと辛味がありますが、十分美味しいです。

(デパートの催事の高級らっきょうを買った時はめっちゃ美味しくて感動したことがあります。それはもう一回食べたい…。自分で漬けたものとは、完全に似て非なるもの…。)

らっきょう瓶

2〜3週間後が食べごろらしいので、それまでに食べすぎないように待ってみます。

長期保存用に、もう1kg漬けようかと思案中。

1kg1,000円〜1,500円だったので、安いですよね。

酢は結構使いますが、漬け方もめっちゃ簡単。

らっきょう漬けが毎年初夏の恒例行事になりそうな予感です。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。