主体的に、生きる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しゅたい‐てき【主体的】

他に強制されたり、盲従したり、また、衝動的に行なったりしないで、自分の意志、判断に基づいて行動するさま。

精選版 日本国語大辞典より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

気がつけば、やらされていることってある。やらされるのではなく、自らが考えて動く。これが意外と難しいこと。

自分のアタマで考えよう」というちきりんさんの本があるけれど(2011年発行だけど今でも読むの、あり)(彼女自身の社会問題に対する考え方に賛同できない部分はたくさんあるが、それとこれとは別)、ただ流されてしまうことって、なんて多いことか。

多かれ少なかれ操作されているメディアに常に触れていると、しかも受け身でいると、危険だなと感じるので、改めて、地に足つけて、自分の感覚と考えを大事にしたいと思っている。

ただそれだけなんだけど、そう思ったので、メモ。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。