食べないススメ

「食べない」という選択肢を忘れていませんか?

お正月に食べ過ぎた。(私です)

なんだか怠い。

胃腸が弱っている。

常に食べたい。

身体が重たい。

朝起きれない。

どこまで効くかはわからないけれど、上記一つでも当てはまるなら、ごはんを食べないことを、おすすめしたい。絶食ではなくて、ふだん四食たべてるなら、三食に。おやつを食べてるならおやつ抜きに。三食たべてるなら、二食に。

専門家でもなんでもない極めて個人の主観ですが、試す価値はあるかと。

「お正月に食べ過ぎたから、胃に優しいもの(おうどんとか?)にしよ〜っと」
ではなくて、
「食べ過ぎたから、しばらく食事を抜いてみようかな」
という選択肢もあるよ、という感じです。

飽食と言われる時代に、食べないことの「いいこと」は、意外とあります。

いいこと、その1
・お腹が空く感覚があること

みんなちゃんとお腹が空いてますか?常にお腹いっぱいじゃないですか?時間が来たから惰性で、お腹が空いてもないのに食べていませんか?(これ私です)

なんとなく食べないと気が済まない。年末年始に実家でやたらとご馳走を振る舞われ、断るのも角が立つと思い食べ(とはいえ、結構断った)体が重たくなる上に、食べる習慣がついてしまった。まさにそんな感じの私でしたが、実家から戻り、いつものように自分のペースで暮らせるようになったので、今まで通り朝ごはんを抜くようにしたら、一気に身体が軽くなってやっぱり調子がいい。
でも一日三食たべていた時は、逆にお腹が空くのも早かった気がする。消化力があったということなのか?
※栄養不足の人が食事を抜くのは危険らしいので注意(とか言われても、自分が栄養不足かどうかなんてわからない)(最近はわかるようになってきた…かも…)

いいこと、その2
・身体が軽い

今までより食べる量が減ると、体も軽くなる。すると、動く気になるので、運動量も増える。走れる。服がきついというストレスもない。そして、食べ過ぎていたことにようやく気がつく。痩せたら、服をお直しするといいですよ。体型にあったものを着るとこれまたストレスが減ります。

いいこと、その3
・眠たくならない

食べると、眠たくなることが多いけれど、食べないので眠たくもならない。ちなみに、時間を空けて食べるときはタンパク質と野菜を多くする。ゆっくり噛んで食べる。一度に、食べすぎない。こういうことに気を付けています。

いいこと、その4
・食べ物に関心が湧く

一日二食(もしくはそれ以下)になると、一日に2回しかない食事を、しょうもないもので済ませたくなくなる。食べることを見つめ直す機会になる。本当に食べたいものはなんだっけ、とか、食材や栄養、身体のことが気になってくる。そして、なんでも美味しくいただける。(お腹が空いているからね!)食べるものを選べるなんて、とっても贅沢。

いいこと、その5
・食費が浮く

これは完全におまけ。当たり前だけど食べる量が減ると、食材を買う量も減る。胃が小さくなるので、バクバク食べなくなる。適量が分かるようになる。すると、食べたいの欲求だけで、無駄なものを買わなくなる。食費は毎日のことなので、こだわればこだわるほど高くなっていく。ポイントは、和食・中華・洋食・エスニック・韓国・インド、などと欲張らないこと。メインの食の分野は決めておく。調味料は、そのメインに合わせておく。せめて2分野ぐらいまで。料理屋さんじゃないので。たくさん揃えると管理が大変。うちは完全に和食派。ちょっといいお塩、お醤油、みりん、日本酒、菜種油。2分野目に洋食。オリーブオイル、バター。

食で精神状態も変わると実感

食という漢字は、人を良くする、と書く。すごくない?と言いたくなる。人を良くするのが、食である。自分の細胞は、食べたものからできている。

工場でつくられたものではなくて、人の手でつくられたものを、できるだけ食べて欲しい。すると、きっと、なんだか良くなったな(何が、とは言わない、ありとあらゆるいろんなことが)と感じるはず。

社会人になりたての頃、お金がなくてお昼はカップ麺と決めていた。そうすると150円なので。みるみる内に、鬱っぽくなり、体力の低下とお肌のコンディションの悪さを感じて、カップ麺の威力ってある意味凄まじいと感じた。なんのエネルギー(カロリーはあるけどね!)もないことが、今となっては分かる。避難所など被災した人に、便利だからとカップ麺を配るのは、おすすめしない。ただでさえ弱っているところに、精神的に参っていく食べ物を与えることになるから。喜ばれるのかもしれないけれど、本質じゃないと私は思っている。

ほうれん草の、この根元の部分が好き。

有機材料のチリコンカンスパイスブレンドが、とっても美味しかった。辛くないので、子どもでもOK。(豆嫌いの長女と次男は食べなかったけど涙)
スパイスを揃えて余らせるのが嫌で、この頃はこういうものにお世話になっている。
夏はスパイスカレーをよく食べても、秋冬春は頻度が下がるのは気候と食べたいものはリンクしているからだと思う。

季節のことを言ったそばから、季節外れな感じの食べ物。ココナッツチップス。
気に入り過ぎて、これからのおやつはほぼこれになりそうな予感。いつか飽きるのかな。南国からわざわざやってきてもらって、本当に感謝しかない。

・・・・

おまけ

<本日のスケジュール>
今日は仕事はほぼオフデー。時々、ゆっくり考えたり、書類の整理といった事務処理の日を設けている。

6時
起床、朝ご飯の用意
6時半
朝ごはん(自分は食べない。子どもたちが食べる)
 この間に乾燥が終わっている洗濯物を畳んで片付ける
7時
登園の準備(ノートを書いたり必要なものを揃えたり着替えさせたり)
 食べ散らかったものを拾ったり拭いたり、食器を洗って片付ける
7時半
長男を送り出して、身支度、ゴミ出しなど
8時
長女次男と夫を見送って、片付け〜掃除機
8時半
仕事開始(メールの返信、原稿確認、スケジュール調整など)
9時半
服のメンテナンス(ボタンをつける、アイロンがけ)
10時
確定申告の準備(これも仕事)
11時
ブログを書きながらお昼ご飯の準備(今ここ、玄米を炊いている)
12時
ランチ(レトルトのインドカレーと玄米を予定)、晩ご飯準備、外出準備
13時半
外出(本屋→友人の事務所へ。ちょっと打ち合わせ)
16時
どこかで休憩(何をするかは未定)
17時半
お迎え
18時半
帰宅、晩ご飯の準備
19時
晩ご飯→お風呂→絵本→寝かしつけ
20時半
読書〜ヨガ〜SNSチェック
22時
就寝

言ったそばから、レトルト食べるんかい!ってツッコミがありそう。

これにする。

手抜きの日も、いるんだな〜。

とってもいい1日じゃないか。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。