愛、燦として。

美空ひばりさんの歌う、愛燦燦のお話ではなく、
ときおり触れるたびに私の琴線に触れる、柄本佑さんと安藤さくらさん夫婦。
というか、雑誌の紹介。

写真のチカラは、言葉に勝る。

そんな感じの、素敵フォトに、ただただ愛の在り方、溢れる柔らかい心を感じて、幸せな気持ちに浸っている。

(私が気に入っているのはこのフォトではない、念のため。気になる人は手にとって見てみてね。)

慈しみのような愛を、
燃えるような愛を、
泣きそうな愛を。

ときどき目を閉じて、いろんなことを感じたいなと思うよね。

好きな気持ち、ギュッとなる気持ちにだけは、正直でありたい。

・・・・・

少し話は変わりますが、なんとなくメモ。

原稿を書くにあたって、大切にしていることがそれぞれにあると思います。

私は、取材原稿は「ざらっとしている」ことを残したいタイプで、きれいにまとまっているより、ちょっぴりザワザワするというか、完璧でないようなものも、ありだと思っています。きれいさにも種類がありますし、それが求められることの方が多いんですが。思いがのる文章って、きれいとは限らないと思っています。

作家さんの美しい文章はそれはそれで芸術で、素晴らしくて、尊敬。

ただ分かりやすさを重視した説明文章も、大事。

その時その時で、役割が違うんですよね、きっと。

好みもありますし、読み手が感じることもさまざまなことも承知しています。

売るため、より良く見せるため、手法を駆使するのも一つですが、

何を伝えたいのか。本質はどこにあるのか。そこに、嘘はないのか。

そんなことを思ったりしています。

ゆり咲のチューリップが思った以上にひらいてびっくりしている。
まるで百合じゃんか!

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。