刺激。

ーーーーーーーーーーー

時々、意識的に仕事を休んでいる。
夕方以降と土日は子どもの相手、お母さん仕事がほとんど。そうなると、平日の昼間にフルタイムで8時間も労働したら、それで終わってしまう。仕事は好きなので、マイペースにしつつ、フリーな時間を作る。そして、今ある環境を享受して、甘えて、とにかく刺激を追い求める。快楽を追求する。堕落してみる。そういうことも、極めて人間らしく、あえてやってみたくなる。

ーーーーーーーーーーー

まず、まつエクをしばらく止めようと思う。去年は一回もまつエクをしなかったのに、今年になって、気がつけば3回もサロンに行っている。一度やると、習慣化されてやめにくい。まつ毛があるのとないのと、長さがあるのとないのとでは、こんなにも顔に差があるのかと自分では思うけれど、他人からしたら大して差がないらしい。
でもやめる理由は、別にある。まつエクのグルー(接着剤)でかぶれを起こした人のニュースを見たからである。つまり、まつ毛の根本、目の近くに、強力なグルーをつけることが怖くなったから。サスティナブルではないと感じたから。
イベントで人前に出ることがあったり、周りの美意識に影響されて、以前も同じ理由でやめていたのをすっかり忘れて、わかりやすい美しさだけを追い求めてしまっていた。

今は少しだけまつエクが残っている状態。

話は変わって、先日、新しくオープンした中之島美術館へ行ってきた。
割とクラシカルな絵画が好きだったりする。でも、前衛アートみたいなものもたまには見たい。
そして、アートも音楽もなんでも、自分が鑑賞者になるだけではなく、参加する方が豊かなのではと思い始めたので、時々絵を描いたりしたいと思う。

真っ黒い、四角い、建物。

建物は全然好きじゃなかったけれど、絵は、よかった。
最初、少し泣きそうになった。でも、途中で疲れて、感じる力は消え失せた。

撮影OKだった絵画。

ある素晴らしい表現をするには抑圧された状態が必須なのかなと、それであればなんという理なのかと、モヤモヤしているのだが、抑圧はいつでも作り出せるのかもしれないと、思い始めている。

前回のブログに書いていたこれから読む本の中で、「海からの贈物/アン・モロウ・リンドバーグ  (著), 吉田 健一  (翻訳)」が予想以上に素晴らしい本だったので、購入することに決めた。まだ買っていないけれど、何度も読み返したい本。全然環境問題じゃなかった。生き方の本であった。

翻訳もめちゃくちゃ、いい。すごい。原著が読めたらもっと楽しいのに、と地団駄をふむ。

ネイルをしたら、指先までの所作を意識させられて、ちょっとだけど丁寧な動きをするような気がしている。ということで、ネイルカラーを買い足し。(完全に言い訳ではあるが、まあいいでしょうよ。。)

シアーなカラーがおしゃれ。肌馴染みするパープルで、優しい色合い。あ〜素敵。

3日前ぐらいからあまりの暑さに、ノースリーブや半袖を着ている。
まさか、もうこの調子で夏になるの?寒さは戻ってくるの?
薄着が好きなので、暑いのはいいんだけど、いつものように植物たちや農作物が心配。

すごく立派な椰子の木を見つけて、思わず写真をとった。

これから、お母さん仕事。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。