突き詰める、博士タイプ。

私は一つのことを徹底的に学ぶことができない。

以前ミシマ社さんの「三流のすすめ」を読んだ時も思ったけれど、興味があちこちに行くし、広く大きく丸く把握したいので、一つのことを突き詰めていくことができない。本当に興味のあること、もたぶんないのである。

そんな私と一緒に暮らす子どもたち。863歳なので、まだこれからかもしれないけれど、8歳長男は特に、何にもハマらないし深く調べようとしない。
あえて言うなら、今ドラゴンボールにハマっていて、それが今までで一番ハマったものに見える。

彼は博士タイプではなさそうだなと思いながら、「君も博士になれる展」が神戸で開催されていたので、行ってみた。

展示が結構面白くて、カワサキワールドの方もあるし、存分に楽しめた。
でも、やっぱり長男は何かを調べようとか、これ面白そう、という方向にはいかず、体を使って暴れることが楽しかった模様。もっと自然の中で走らせたり水遊びをさせたりしたいな。それが彼には向いていそう。

そう思っているうちに、どんどん成長してしまうから、後悔しないように、今できることを考えて動きたい。

まだ、暑い。9月の半ば。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。