ダーク・ウォーターズに震えた

火曜日、リモートワークで自宅にいる夫を横目に、Amazonで課金して、ダークウォーターズをみた。

現代社会のいやなところが詰まっているお話。

ホラーと書いてあったけれど、ホラーというか理不尽さに悶える感じ。実話が基になっている。この現実をどう受け止めるべきなのか。ときどきウルウルして、見終わったあと、かなりのストレスを感じて、ごろりと寝転んだ。

利益のため?お金ってなんなんだろうね。おそろしい。物々交換ではここまでのことにならない。貨幣という何年経っても価値があるものがこうさせるのであろう。

そして、この映画のお話である。問題のフッ素樹脂加工の製品は、いまだに規制がなく山ほど売られている。

私はフッ素樹脂加工の悪い噂を聞いて、悪くない噂も聞いて、結局わからないから、使っていない。何年か前に炊飯器すら土鍋に変更した。(その土鍋も汚染されているかもしれないが、ここでは置いておく)(機械を捨てるより土器を捨てる方が心が痛まない)

フッ素は調理機器以外にも信じられないほど多くのものに添加されているようなので、知らずのうちに買った製品内にも入っているのかもしれない。過剰に対策し始めると、先にストレスで病気になりそうなので、緩く避けるようにしよう、と私が決意を改めている頃、友達からのラインが届く。その中に、マイヤーの卵焼き器を検討しているような気配があったから、こっそりしらべたら、案の定。フッ素樹脂加工の製品だった。

何も伝えなかったけれど、ダークウォーターズを見たことは言ってある。知ろうと思うか、どう判断するかはそれぞれだと思う。

私も知らないこともいっぱいあるし、世の中の見過ごせないことはきっとまだまだたくさんあるだろうから。

ちなみに、マイヤーのことを調べてたらテフロンの製品も出てきた。また気分が悪くなったよね。。

で、派生してクッキングシートも危険っぽいなぁとか思い立ち調べて、さらに苦しくなっている。

うまいこと折り合いをつけないといけないな。

※ちなみにPFOA汚染は遠いアメリカでの話ではない。

摂津市にも同じような問題がある。ダイキン工業である。調べたら色々出てくるので興味があれば見てほしい。

特定非営利活動法人Tansaにある記事

医療ガバナンス学会にある記事

私もきっと汚染されているんだろうな。

.

まとめ:環境問題に興味のある人は見てほしい映画です。

夜にも煌くまち。これが豊さなのか、もう一度考えたい。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。