夏と秋が入り混じる日。

前の日曜日は、信じられないほど暑かった。10月半ばだというのに。

須磨へ行くと、泳いでいる人がいた。

3歳次男は、この後すぐにすべての服を脱ぎ捨て、フルチンで海へ走っていった。波と遊び、大満足。

夕方の夕焼けが、今までとは違う。

暑くても、確実に秋にはなっている。

日が暮れるのが早いので、お迎えの時には暗くなっていて、浮き足立っていた夏とは一変し、しっとりゆっくりな面持ちで歩く。

秋の味覚も出揃ってきて、私は嬉しいのだけれど、私以外にはあまり響いていない。

あっという間に成長する子どもたちの姿も、儚さを感じるようになる季節。

冬支度を、始めないといけないなと思いながら、まだ夏を引きずっている。

.

とにかく、いろんなことに追われていた。

少しゆっくりしたいと思いながら、新たなことに手を出そうとしている。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。