3分でわかる「精油(エッセンシャルオイル、アロマオイル)のこと」

道端で見つけた花

精油って、一般的にはあまり聞かない言葉ですよね。

エッセンシャルオイルという言葉の方がよく目にしますが、どちらも同じものです。「精油=エッセンシャルオイル」です。

アロマオイルと呼ぶ人もいますが、厳密には「アロマオイル=精油」とは限りません。同じ意味で使う人もいれば、人工的な香り成分が入っている精油とは違うものでもアロマオイルと言ったりします。

なので、ここでは精油(=エッセンシャルオイル)という正式名称で統一します。

そう、生活の木や無印良品でいい香りがしている、まさにそれが、精油の香りです。

(注:巷では色んな香り関係の商品が売られているので、本物の精油でない場合もあります。100円ショップや雑貨店のフレグランスオイルは精油ではなく人工化合物が入っている可能性もあります)

男女問わず、一つぐらいは精油の小瓶(もしかしたらアロマオイルかもしれない)を持っている人が多いのではないでしょうか。雰囲気オシャレで、誰かお家に呼ぶときに使おう、と思ったり。

とはいえ、精油って何?と聞かれて説明できる人はそう多くはないですよね。

私自身、アロマテラピーやアロマトリートメントを学ぶまで、精油は「いい匂いのするリラックスやリフレッシュできるオイル」だと思っていました。

しかも、アロマオイル・エッセンシャルオイル・精油がおんなじ物かどうかという疑問にすら至っていませんでした…。

前回ちらっと書きましたが、

精油=エッセンシャルオイル は、植物のお花や葉っぱ、根っこなどから抽出した天然の香り成分です。

精油にはいくつかの特徴があります。

・揮発性がある(常温で液体が気体になる性質)

・水に溶けにくい

・油に溶けやすい

・火が燃え移りやすい

・植物から抽出した天然の有機化合物である

そして、実は精油は、油ではありません。

(正確には、触った感じはベタベタしますが、化学的には脂質の主成分である「脂肪酸」を含まないので、油脂ではありません。)

しかも、揮発性なので、小瓶のふたを開けると、成分が気体になって飛んでいきます。その成分が鼻に入って、香りがするという仕組みです。

精油の小瓶

※↑上記はサラダちゃんが持っている精油の一部です

なんとなく、「天然の香り成分」と聞くと安全安心な気がしますが、天然だろうが人工だろうが、そのモノがどういう性質があるのかをある程度知っておく必要があります。精油は天然の成分で構成されていますが、濃縮されており刺激が強いので、扱うにはいくつかの注意点があtたりもします。

もう少し精油について詳しく知りたい方は、【初心者の方向け】精油(エッセンシャルオイル)でできることをご覧くださいね。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。