【子どもも安心!】虫除けスプレーの超簡単な作り方

ちょっとまだ寒いな〜なんて思っていた春が過ぎたと思えば、急に汗ばむ日が増え、紫外線対策とともに気になるのが、虫。特に、蚊。

我が家では子どもたちも安心して使えるように、虫除けスプレーは手作りしています。

子どもってよく虫に咬まれませんか。しかもすごい腫れることもある。もしかして蚊じゃないのかな…?そして掻いちゃってとびひになってしまうことも…。子どもじゃなくても、わたしは痒みを人より感じやすいので、もう蚊に刺された日は大騒ぎ。痒い。痒い。あーまだ痒い。

ということで、前置きが長くなりましたが、虫除けスプレーの作り方です。

手作りするメリット

市販の虫除けスプレーの多くには「ディート」という薬品が含まれていることが多いです。虫除け効果は抜群ですが、人によってはアレルギーや肌荒れを起こす化合物です。アメリカでは子どもへ使用しないよう注意喚起がされているとか。

こういった市販の虫除けスプレーは効果抜群なのですが、子どもに使うのは心配になってしまいますよね。大丈夫なのかどうかを色々調べるのも面倒…。(市販されているし大丈夫なのだと思いたい。)

虫除けスプレーを手作りするメリットは、子どもでも安心して使用できることにあります。

ただ、ちょっと効果は薄いです。涙

用意するもの

①無水エタノール(薬局で買えます) 10ml

※手に入らない場合は、苦肉の策でホホバオイルを用意してください。

※無水エタノールはだいたい500mlで1,400円ぐらいです。(2019年の場合)

②精製水(薬局で買えます) 90ml

※なければ水道水でOK。

※精製水は500mlで100円ぐらいです。

③スプレー容器(ポリプロピレン(PP)」「ポリエチレン(PE)」「ガラス」のもの)

※100均のものはPETが多いので、要注意。

※アトマイザー(香水を持ち歩く用のガラス瓶)はOK。容量が少ないものが多いです…。

※スプレー付き遮光瓶があればそれがベスト。

※アロマ専門店などで売っています。

④精油(ユーカリシトリオドラ・レモングラス・ラベンダー・ペパーミント) 計20滴

※そんなに種類いる?っていう方は、ユーカリシトリオドラ(レモンユーカリ)と、ラベンダーでOK。え、2種類もいる?っていう方は、ユーカリシトリオドラを選んでください。ハッカ油(精油ではないけれど、ミントの品種で虫除け効果があります。薬局で買えます。)でもOKです。

※小さい子どもや、敏感肌の方は10滴で様子をみてください。

作り方

1、無水エタノール10mlをスプレー容器に入れたら、精油を20滴入れる。

※精油は水に溶けないので、ここの順番だけ気をつけてください。

※無水エタノールが手に入らなかった人は、ホホバオイル10mlに精油20滴を入れてください。

ブレンド例①:ユーカリシトリオドラ 6滴・レモングラス 6滴・ラベンダー 6滴・ペパーミント 2滴

ブレンド例②:ユーカリシトリオドラ 12滴・ラベンダー 8滴

ブレンド例③:ユーカリシトリオドラ20滴、もしくはハッカ油 20滴

2、蓋をしてよく振って精油を溶かす。溶けたら、精製水90mlを入れ、蓋を閉めてよく振っておしまい。

※水を入れて振るとちょっと熱を持って白濁しますが、それでOKです。

※ホホバオイルの場合は、オイルが完全に水に溶けることはありませんが、虫除けとして使うなら問題ない範囲です。

使い方と注意点

・使用前にはよく振ってください。

・香りは飛んでいってしまうので、効果は持続しません。こまめにスプレーしましょう。

・3歳未満に使う場合は、衣類やベビーカーなど、必ず直接肌に触れないところにスプレーしてください。

・防腐剤が入っていないので、1週間程度で使い切ってください。保管は冷暗所がベスト。

・敏感肌の方はパッチテストをしてから使いましょう。

・肌に合わない場合は使用を中止してください。

・ユーカリシトリオドラやレモングラス、ペパーミントの精油は皮膚刺激性があるので、くれぐれも高い濃度で使用しないようにしましょう。

それでも虫に刺されたら!

予防しても虫に刺されてしまったら、虫刺されジェルでケアしてみてください。

作り方は簡単。保存用容器に下記を全て混ぜるだけ。

※マメな人はビーカーで混ぜて保存用容器に入れ替えてください。

・ラベンダー(アングスティフォリア) 3滴
・ティートリー 3滴
・ジェルベース 10g(なければ植物油でも)

ラベンダーは殺菌、抗炎症作用、傷の治りを早める作用があり、虫刺されの治りを早める働きが期待できます。かゆみが治り、痕も残りにくいです。ティートリーは殺菌力・抗菌力に優れます。

※容器に入れる際は、先にジェスベース(オイル)を入れてくださいね。

※ジェルベースは下記のようなものです。↓

ケンソー ジェルナチュレ 100g (KENSO) 【 あす楽 】【 プラナロム PRANAROM ジェル アロマ アロマテラピー kenso ケンソー 健草医学舎 】

価格:1,980円
(2020/5/21 18:11時点)
感想(4件)

キサンタンガム Xanthun gum 30g【生活の木】植物由来 水溶性ジェルベース 手作り化粧品 手作りコスメ ガム 手作り 素材

価格:1,320円
(2020/5/21 18:11時点)
感想(0件)

手作りの虫除けを使うって素敵ママ感ありませんか?すっごく簡単なので、チャレンジしてみてくださいね。

どうしても面倒な人は…

市販でも、安心なものや精油を使用した虫除けもあります。パーフェクトポーションのものは、手に入りやすく、おすすめです。

こちらは日本限定とのこと。使われているのは、ハッカ、ニアウリ、シトロネラ、ペパーミント、ティーツリーです。↓

PERFECT POTION パーフェクトポーション アウトドア ボディスプレー ハッカ 50ml 虫よけスプレー オーガニック ナチュラル 虫除けスプレー 天然成分 アロマ 赤ちゃん 安全 安心 ディートフリー ディート不使用

価格:715円
(2020/5/21 00:07時点)

さいごに

手作り虫除けスプレーを使って、快適に外遊びを楽しみましょう!

使用する精油の詳細は下記の通りです。↓

ユーカリシトリオドラ

学名:Eucalyptus citriodora

抽出部位:葉、枝

抽出法:水蒸気蒸留法

概要:レモンに似た香りを含んでいることから、『レモンユーカリ』とも呼ばれる。シトロネラールという成分が入っており、この成分は虫が嫌うことから虫除けに一般的に使われる精油。抗菌作用もある。

レモングラス

学名:Cymbopogon citrarus

抽出部位:葉

抽出法:水蒸気蒸留法

概要:ハーブとして馴染みのあるレモングラスは、アジアで古くから香料や儀式に使われてきた精油。シトラルが主成分。バクテリアを殺す効果も強い。食欲増進し消化不良にもいい精油だが、刺激が強いので肌への使用には1%以下を厳守。

ラベンダー

学名:Lavandula angustifolia、Lavandula officinalis

抽出部位:花

精油抽出法:水蒸気蒸留法

概要:鎮痛、殺菌などの作用を持ち、他の精油と使用することで刺激を和らげる効果もある。リラックスできる。

ペパーミント

学名:Mentha piperita

抽出部位:葉

抽出法:水蒸気蒸留法

概要:2%以下で肌に使うと冷却効果があるので、夏のジェルに使用するといい、虫刺されによる皮膚のかゆみを抑える効果も期待できる。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。