精油の選び方と、精油ブランド。

2種類ぐらいの精油で十分

精油(エッセンシャルオイル・アロマオイル)は、種類と量を持てば持つほど、減りが遅くなります。使用期限(大体半年〜1年が目安)があるので、自宅でのみ使うという初心者の方は、まずは5mlのものが2、3種類あれば十分です。使いこなせることが分かってから、種類を増やしましょう。たくさん持っていても、よく使うのはちょっとだったりします。

初心者の方には、ラベンダーの精油がおすすめの理由をこちらで書いています。

ただ精油を購入したことがない方は、どこのメーカー(ブランド)のものが良いのか分からないと思います。
みなさんが想像する以上に、精油メーカーは多いです。日本のメーカーも、海外のメーカーもすごくたくさんあります。わたしもよく使う数種類程度しか精油メーカーを把握できていません。

精油を選ぶには、ポイントがいくつかあるので、順を追って説明します。

まずは、使用用途を明確に

・芳香浴や空気中や物、掃除での使用だけ
・肌にも塗布したい(トリートメント、石鹸や化粧水など)
この2つのどちらなのかを明確にしましょう。

精油は100%天然ですが、天然だからといって安全というわけではありません。刺激が強く、誤った使い方をすると肌が荒れたりアレルギーが出たり、体に作用がおこる危険性もあります。
特に肌に塗布する場合は、影響を受けやすいので、購入しようと思う精油の注意書をよく見て、肌に塗布することを禁止する記載がないことを確認しましょう。出来るだけ、メディカルグレードのものがおすすめです。

表示は必ず確認

100%天然の記載や、どこで何の植物から取れたものかの記載がないものは、精油の香りの力を取り入れたい場合は選ばないようにしましょう。ただ単に、お部屋を好きな香りにしたい、という場合は人工合成香料などでも良いかもしれませんが、もし精油の成分によるリフレッシュ効果やリラックス効果、殺菌や免疫強化などの効能を期待するのであれば、100%天然のものを使ってください。

基本的に、精油は下記は必ずどこかに記載があります。
・100%天然であること
・精油名
・産地(国名)
・抽出した植物の学名
・抽出方法
・抽出部位
・内容量
・使用期限

香りを嗅いでみる

精油は香り成分によって、様々な効能がありますが、嫌いな香りだと、ただのストレスとなってしまい、効能どころではありません。
納豆も臭豆腐もチーズもナンプラーも、香りは強烈ですが、好きな人もいれば嫌いな人もいます。嫌いな人からしたら信じられない香りだと思います。

なので可能なら、香りは試してみましょう。そして、好きな香りを選びましょう。
好きな香りが、自分が求めていた効能を持っているということもよくあります。

余裕があれば、検討材料にしたい項目

・会社の理念
オーガニックやフェアトレードなど環境に配慮しているかを確認してみてください。
精油の取れる植物にも、絶滅危惧種があります。たくさんの植物からほんの少ししか取れない精油だからこそ、環境のことも考えているメーカーが多い(はず)ですが、様々な取り組みをしている場合は、大体ホームページなどに記載されているので要チェックです。

使ったことのあるブランド

精油は好みなので、好きなものを使ってみて自分で判断するのが良いと思いますが、そうは言ってもたくさんメーカーがあるので、わたしの使ったことのあるものを記載します。

それぞれ各ホームページにリンクしています。

ニールズヤード/イギリス
青い瓶が印象的で目にしたことがある人も多いかも。
おすすめ度:高
生活の木/日本
初めは生活の木という人も多い。手に入りやすい。
おすすめ度:中
フロリハナ/フランス
フローラルウォーター(ネロリとローズ)をリピート中。
精油は購入したことなし。(フローラルウォーターはめっちゃおすすめ)
④プリマヴェーラ/ドイツ
本格派におすすめ。種類が豊富なのも嬉しい。
おすすめ度:中(手に入りにくいので)
プラナロム /ベルギー
本格派の人や医療関係の人が使うイメージ。真面目な感じ。
おすすめ度:中
モンサンミッシェル/日本
こちらのスクールでアロマを学んだので、一番使って愛着あり。
おすすめ度:高(慣れているというのもあるかも?)
yuica/日本
クロモジがお気に入りだけど、高いのが辛い。和精油ならココ。
おすすめ度:高
suu/日本
おすすめ度:低
こちらの詳細は次項目へ

他にも、評判が良かったり新しいものを見つけたらちょっとずつ試していきたいと思います。
(割と有名なエンハーブもフレーバーライフもまだ使ったことがありません…)

Suuはパッケージが可愛い

Suuの精油は、つい最近購入しました。
神戸に住んでいるので、近くの淡路島の精油だということと、ちょうどラベンダーが切れたので、試してみようと思ったんです。何より、パッケージがおしゃれ。

こうやって包まれて入っていました。

転がしても可愛い。

瓶も可愛い。

香り具合は私の好みではないかも。こればっかりは、好みかな〜と思うので説明しづらいのですが、私の感覚値では癒され具合が少ない感じです。
ちょっとどうかな、と思った点は、瓶の蓋が密封じゃないというか、最初から普通にキャップが閉まっているだけというところと、1滴ずつを出しづらいということでした。皮膚に塗布することもおそらく推奨されていないので、私は芳香浴やお掃除で使用しています。
「素」「深呼吸」「風の音」をイメージしたSuuという名前は素敵。農薬や化学肥料を使わずに育てたハーブなどから抽出しているというのも嬉しいです。種類は少ないですが、シックな感じのデザインが好きであれば、見かけから入ってsuuの精油を購入しても良いかもしれないです…!

以上、精油を選ぶ際に参考にしてもらえると嬉しいです。

Follow me!




ABOUTこの記事をかいた人

夫と子ども3人の家族5人で神戸で暮らしています。 アロマテラピー検定1級、AEAJアロマテラピーアドバイザー。 趣味は寝るコト外で遊ぶコト。 シンプルな生活、エコ、農業、建築や旅に興味あり。 日々のことを徒然と書いています。