2022年5月

登園自粛という名の登園禁止

今週は登園できず、5歳(年長)と2歳半の子守りをしなければならなかったので、それはそれは体力・精神力ともにかなり消費し、しょぼしょぼだった。 仕事をしても、すぐに疲れる。頭がいつもより回らない。子守担当の日は、仕事は一切…

恋せぬふたり。塩よりおっとっと。

夫から勧められて、「https://www.nhk.jp/p/ts/VWNP71QQPV/恋せぬふたり」を視聴した。NHKオンデマンドに1ヶ月だけ入ったからその間に見た方がいいと言われたので、急いで時間を作った。 岸井ゆ…

ゆるさ、と、ゆるし

私は緩く生きている。 誰かを咎めることもなければ、声高らかに叫びたい主張もない。 好きなこと、嫌なことはある。 楽しいことも、楽しくないこともある。 笑うことも、怒ることもある。 あんまりにも闇な部分には触れたくないとお…

コマの魅力

何かと不器用気味で、何かと大雑把で、何かとめんどくさがりやな長男現7歳が、以前児童館のコマ大会で、二位になった。 へーそうなん、すごいね!本当に2位?すごっ。なんて声をかけたはず。 たまたま、前の日曜に遊びに行ったところ…

作業をしたい人の、その後。

仕事をしていて、チームビルディングの難しさをひしと感じている。 みんなが活きる仕事をして、その仕事から生まれるものが、その先にいる人の幸せにつながって、というイメージをしていたけれど、最初の「みんなが活きる」がもう難しい…

丹波篠山へ足を伸ばして。2拠点目探し中。

移住するほど、何かに迫られていないし、変化を望んでもいなくて、でもちょっとやりたいことと今の生活にズレを感じてきて、2拠点目を探し中だったりする。 自分たちの身の丈にあったところ、やりたいことのできるところ、肌に合うとこ…

美を楽しむということは、好きということ。

何を美しいとするのかは、非常に主観的である。 アートの存在意味も、ただアートに没頭するためだけのもので、それ以上に意味があればそれは欲望とセットの商業的なものになってしまう。「欲望」と「好き」は別物で、ただ好きであること…